私たちの活動

 堀川みどりのまちづくり会は、2つの世界遺産(西本願寺と二条城)をつなぐ堀川通が21世紀の都大路として発展することを目指して、みどりのまちづくりを推進します。

  • 楽しく歩けて憩える緑の景観まちづくり

  • 生物多様性保全や雨水循環などを進める環境まちづくり

  • 地域の生業の持続的な発展を支援するにぎわいまちづくり

  • 地域の記憶を掘り起こし発信する歴史まちづくり

  • 創造的な人材を集め育てる文化まちづくり

​未来を考える

 

​ シンポジウムやワークショップを開催して、堀川通と京都の未来を考えます。

 2018年9月26日のシンポジウムでは、「みどり・にぎわい・快適交通」の3つの視点から堀川通の課題と解決策を考え、地域住民と行政に向けた提案を行います。

ビジョンを共有する

 

 堀川通の未来ビジョンを多くの皆さんと共有するために、キャンペーンイベントを開催し、パンフレットを作製・配布し、ホームページで発信します。

​ 堀川桜まつりや京の七夕(堀川会場)にも参加し、オーガニックマーケットを出店しています。

緑をつくる

 

 京都市の「街路樹サポーター」に登録して、堀川通の街路樹のお世話をして、植栽帯の草木や低木類の育成に努めます。

 沿道の皆さんが、軒下や店先でみどりを育てたいというご相談にも応じたいと思います。

パンフ.jpg

​「堀川みどりのまちづくり」のパンフレットがダウンロードできます。

左の図をクリックしてください。

​(6MB)

01111.jpg

​「堀川木陰まつり」のチラシがダウンロードできます。

左の図をクリックしてください。

​(2MB)

2019.03.jpg

​「堀川木陰まつり」のシンポジウムでの事例紹介をまちづくりのアイデアブックとしてまとめました。

左の図をクリックしてください。

​(18MB)

©堀川みどりのまちづくり会 kanosato2013@gmail.com